2009年1月3日更新

free web tracker

 

 

 

    



六合八法拳
、または心意六合八法拳は内家第四拳として知られ〝最後の秘傳内家拳術〝とも言われている。実践的とも知られているこの拳術は、数え切れないほどの技と、使いきれないほどの戦闘能力を兼ね備えている武術の百科事典なのである。六合八法拳は〝水拳〝とも呼ばれ、固体・液体・気体に変化する水の性質から由来するものである。

六合八法拳、その独特なスタイルは、独自の芯の要索にこだわり、太極拳の柔軟性と流動性、形意拳の発勁と勢い、そして八卦掌の螺旋の動きと歩法をすでに兼ね備えていた。内家三拳が六合八法拳から分裂して行ったのか?

時 として、この拳法は、前述の内家三拳をただ単に組み合わせ、融合しただけの拳法だと誤解されることもあるが、決してそうではない、例えば、内家拳が太極拳 だけではないと言うこの事実と同様に、内家三拳が持つ内功は、実は、六合八法から多大な影響を間接的に与えられたと言う説もまた、推測されている。

六合八法拳は、他の内家拳と同じ本質、そして全ての理論を積み重ねられ、創始され発展して行き、現在に至る。

だが、後の呉翼輝先師がこの六合八法拳を人々に知らしめるまで、この拳法は世に出ることはなかった。

 

Copyright (C) 2010 INTERNATIONAL LIUHEBAFA INTERNAL ARTS ASSOCIATION
國際六合八法内家拳術會 info@liuhebafachuan.com